スタッドレスタイヤの寿命の判断は、走行距離?年数?溝?

積雪や道路が氷結する地域はスタッドレスタイヤは必須ですね。
外気温が7度以下になれば交換するタイミングです。

スタッドレスタイヤの寿命について
走行距離から、年数から、溝から判断する方法をまとめました。

c90b0e27608ec678de7b2abb3b24904a_s

スタッドレスタイヤの寿命を走行距離から判断する

スタッドレスタイヤの寿命を走行距離から
判断するのであれば

3万~4万キロを目安として
交換を検討する事をオススメします。

スタッドレスタイヤは雪の心配がなくなったら
履き替えないと無駄に摩耗させるだけです。

3シーズン目に
履きつぶすつもりで夏場に交換せずに使う
という方法もあります。

スタッドレスタイヤの寿命年数

スタッドレスタイヤの寿命年数は

スタッドレスとしての使用目的であれば
ゴムの硬化状態から5年が最長です。

おすすめ! タイヤショップ等にゴムの硬度を調べる器具があるので
チェックしてみる事をオススメします。

製造年度はタイヤ側面の製造番号でわかります。

seizounenn

スタッドレスの効果はなくなったとしても
タイヤの性能は保持するため、
溝があれば夏であれば利用できます。

スタッドレスタイヤの寿命を溝から判断する方法

スタッドレスタイヤの寿命を
溝から判断する方法をご紹介します。

スタッドレスタイヤ溝の摩耗をチェックします。

タイヤ溝の中にプラットホームという
摩耗チェックポイントがあります。

新品時8ミリ~10ミリの溝が
その半分の4ミリ~5ミリになると
溝の高さとプラットホームの高さが同じになります。

そうなれば交換のタイミングです。

61_1766_1

※プラットホームに余裕があっても
年数が5年以上経過しているなら
ゴムが硬化しているため交換します。

※夏タイヤとして使うなら
スリップサインの溝が2ミリ程度まで使用可能です

まとめ

スタッドレスタイヤの寿命としては
3シーズン使用後、夏も使い続けてお役御免とする。

という判断がシンプルでわかりやすいのではないでしょうか。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です