節分のいわしの由来は?やいかがしの飾り方は?いつからいつまで?

節分のいわしの由来や、やいかがしの飾り方
飾るのはいつからいつまでかについてまとめました。

節分のいわしの由来は?

20140108-135522

鬼は、ひいらぎといわしの頭が苦手と言われていました。

鬼よけのために
いわしの頭にひいらぎの小枝を焼いて刺す「やいかがし」
という習慣となりました。

やいかがしの飾り方は?

photo_8

やいかがしは鬼よけに玄関に飾ります。

やいかがしを飾るのはいつからいつまで?

やいかがしを飾る日は
節分当日が一般的で

やいかがしを外す日は
節分翌日が一般的です。

注意 地域によって様々なので、その地域に合わせるのがベターです。

外したやいかがしは
紙で包んで塩で清めてから処分します。

まとめ

節分では「豆まき」とともに「やいかがし」も行って
日々の生活の中でのアクセントとして楽しむイベントにしましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です