寒中見舞いの時期はいつからいつまで?官製はがきは?文例は?

寒中見舞いの時期はいつからいつまでか
官製はがきや文例についてまとめました。

寒中見舞いの時期はいつからいつまで?

寒中見舞いの時期は
1月5日頃の小寒から、2月4日頃までの立春の間
に送ります。

年賀状が1月7日(松の内)までなので
1月8日以降に送るのが一般的です。

寒中見舞いの官製はがきは?

yamayuri

寒中見舞い専用の官製はがき
といったものはありません。

ヤマユリや山桜をデザインしたはがきが
活用される場合もあります。

yamazakura

寒中見舞いの文例は?

76

寒中お見舞い申し上げます。

寒い日々が続いておりますが
厳寒の候も今しばらくと存じますので
なにとぞご自愛くださいませ。

喪中の方への寒中見舞いの文例は?

寒中見舞い申し上げます。
ご服喪中との由を賜り、
年頭のご挨拶を失礼させていただきました。

静かにご越年のことと存じますが、
向寒の折、ご自愛のほどお祈り申し上げます。

寒さが一段と厳しくなります折柄、
何卒お体を大切にお過ごしください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です