干支の順番は?読み方や覚え方は?

干支の順番と読み方や覚え方についてまとめました。

干支の順番は?

干支の順番は
子、牛、虎、兎、龍、蛇、馬、羊、猿、鶏、犬、猪

干支の順番の読み方は?

90d47d4c97251fb76f991b5dde42add7_s

子(ね)=ねづみ
丑(うし)=うし 
寅(とら)=とら 
卯(う)=うさぎ 
辰(たつ)=龍 
巳(み)=へび
午(うま)=うま 
未(ひつじ)=ひつじ 
申(さる)=さる
酉(とり)=とり 
戌(いぬ)=いぬ 
亥(い)=いのしし

干支の順番の覚え方は?

お経のように

ね、うし、とら、う、たつ、み、うま、ひつじ
さる、とり、いぬ、い

とひたすら唱えます。

bdc5e3be5c9c972c02217d2fd9529bb8_s

3つに分けて
ね、うし、とら、う、たつ、み/
うま、ひつじ/
さる、とり、いぬ、い/

覚えたり

「うたつみ」
「さるとりいぬい」
と、1つの単語にして覚えたりします。

まとめ 来年の干支は?

1dcbecf8ffc3aea87c6a6afa5042b5ae_s

来年の干支(2016年)はさるです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です