電気ストーブの電気代は高い?電気代の安い暖房器具は何?

電気ストーブの電気代は高いのでしょうか。
電気代の安い暖房器具についてまとめました。

146465

電気ストーブの電気代は高い?

電気ストーブの電気代は
単純にワット数×時間で弾き出せます。

  • オイルヒーター
  • パネルヒーター
  • セラミックヒーター
  • ハロゲンヒーター
  • カーボンヒーター

各電気ストーブ
300ワット〜1200ワットの消費電力です。

電気ストーブのワット数が高いほど温かいですが
もちろんその分電気代も高くなります。

注意!消し忘れに注意しましょう。

電気代の安い暖房器具は?

部屋を暖めるのではなく
直接暖める方法であれば電気代を安く抑えられます。

一番のおすすめは電気毛布
50ワット程度の消費電力で温まります。

強力な電気ストーブが1200ワットすることを考えると
電気毛布はその24分の1と、劇的に電気代を抑えることが出来ます。

000230

他にも
ホットカーペットやこたつ等も
同様にワット数は少なくすみます。

注意!消し忘れに注意しましょう。

部屋を暖めるのに電気代の安い暖房器具は?

180686

部屋を暖めるのに電気代の安い暖房器具は
エアコンです。

少ない投入エネルギーで大きな熱エネルギーを生む
ヒートポンプ機能があるからです。

その能力は6倍!

例えば
200ワットの電気代で1200ワットの暖房能力を発揮します。

電気ストーブは1200ワットの電気代で1200ワットの暖房能力なので
違いは歴然です。

要確認!外気温がマイナス10度以下の場合
能力が発揮できず、寒冷地仕様では室外機にヒーターが内蔵されている場合があります。

まとめ

部屋を暖める場合は省エネ機能のエアコン
補助暖房で電気毛布
他の電気ストーブはあくまでピンポイントで使用する。
というのが一番電気代を抑える暖房器具の使い方です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です